横浜の古物商許可申請相談所|長岡行政書士事務所

古物商ってなに!?

  • 古物商とは、簡単に言うと、自身または他人から委託を受けて古物を買ってその物を売ったり、交換もしくは貸出したりすることなどを、営業として行う人のことを言います。
    古物商を営む場合には、各都道府県の公安委員会の古物商許可が必要となります。
    では「古物」とは?
    法で定められている古物は、
    @ 一度使用された物
    A 使用されない物で使用のために取引されたもの
    B @及びAこれらの物を修理したりしたもの
    上記が古物法2条1項で規定されています。
    例えば、一度消費者の手に渡った物を対象としていますから、メーカー→卸売→小売という流通段階あるものは除外されます。
    一度使用された物とは?
    「使用」というのは、その物の本来の目的による使用をいいます。
    例えば、衣類であれば着用すること、自動車であれば自動車を走らせることなどを本来の目的といいます。したがって、新品の物に修理や変化を加えてもそれが本来の目的でなければ「使用」とはいいません。

古物の分類については、下記の表を参照してください。

区分
美術品類 書画、彫刻、工芸品等
衣類 和服類、洋服類、その他の衣料品
時計・宝飾品類 時計、メガネ、宝石類、装身具類、貴金属類等
自動車 その部分品を含む(カーステレオ、カーナビ、タイヤ、バンパー、サイドミラー等)
自動二輪及び原動機付自転車 これらの部分品を含む(タイヤ、サイドミラー等)
自転車類 その部分品を含む(タイヤ、サドル、空気入れ、かご等)
写真機類 写真機、光学器等
事務機器類 レジ、計算機、ファックス、パソコン等
機械工具類 ゲーム機本体、携帯電話、小型船舶(モーターボート、クルーザー)、工作機械、土木機械、工具等
道具類 ゲームソフト、CD、DVD、BD、家具、楽器、玩具類、化粧品、パチンコ台・玉等
皮革・ゴム製品類 鞄、靴等
書籍 雑誌、小説、漫画、実用書・参考書等
金券類※ ビール券、商品券、切手、野球・サッカーのチケット、新幹線の乗車券等

※古銭類は、古物に該当しません

この表はあくまで例示ですので、古物商として扱いたい商品がどのような分類に属するかわからない場合は、お気軽にご相談ください。

本当に古物商が必要?簡単フローチャート


<古物商許可が必要な場合>

■古物を買い取って売る場合
■古物を買い取って修理して売る場合
■新品でも量販店から買ってくる人から、さらに買い取って売る場合
■古物を別の物と交換する
※要するに古物から収益を得る目的で買い取ることは古物商許可が必要になります。
 また、インターネットの販売で店舗が無い場合も古物商許可が必要になります。


<古物商許可が不要な場合>

■自分の物を売る
⇒自分で使っていた物、使うために購入したが使っていない物など
■無償でもらった物を売る
■古物を引き取る際に手数料をもらって回収した物を売る(別途産廃許可が必要な場合有)
※要するに転売目的で購入していなければ許可は必要ありません。また、自分が売ったものをそのまま買い戻す場合も 原則は不要です。

当相談所に頼まれる方はこんな方

・・・こんな方はぜひ、横浜の当相談所にご相談ください!お客様に負担はかけません!!!

ご依頼から古物商許可申請までの流れ

以上の流れになりますが、忙しい方にはかなりの手間がかかります。
そこで、当相談所にお任せいただければ、格安料金で書類作成から警察所への書類提出(最短4日で行います!)まで古物商許可申請のサポートをいたします!

当相談所の特徴

料金のご案内

■個人申請のお客様

申請代行料金 消費税 申請費用(代行を利用しない場合でも必ずかかる法定費用) 合計
35,000円 2,800円 19,000円 56,800円

■法人申請のお客様

申請代行料金 消費税 申請費用(代行を利用しない場合でも必ずかかる法定費用) 合計
40,000円 3,200円 19,000円 62,200円
※上記料金以外にも、必要に応じて費用が発生してしまう場合がありますのでお気軽にお問い合わせください。

港南区民の方必見!!!

※港南区民の方は、下記、特別料金でのご案内とさせていただいております。

申請代行料金 消費税 申請料金(代行を利用しない場合でも必ずかかる法定費用) 合計
30,000円 2,160円 19,000円 51,160円
※上記料金以外にも、必要に応じて費用が発生してしまう場合がありますのでお気軽にお問い合わせください。